2007年12月20日

魚は安全ではない?!


魚の安全性、気になりませんか〜。
私は気になります…。とっても!!(゚д゚)(。_。)ウン!
というわけで!調べてみました〜。

まず、魚の安全性というと、Mercury、すなわち水銀の濃度ですよね!
マーキュリーは、特に乳幼児、幼児に害が出ることがわかっています。
だから、妊娠予定のある女性、妊娠中の女性、授乳中の女性は特に水銀濃度が高いとされる魚の摂取を控えることが大事なわけね〜。
妊娠予定のある女性も水銀濃度を気にした方がいいのは、水銀は通常体外に便と一緒に自然に排出されていくのですが、高濃度の場合、濃度レベルが安全とされる基準まで下がるのに1年とかかかることがあるからだそうです。

高濃度の水銀を含むとされる食べない方が良い魚:
Shark(サメ), Swordfish(カジキマグロ), King Mackerel(サワラ), or Tilefish(赤アマダイ??)、オレンジラッフィー、ツナ(アイツナ、ビッグアイツナ)

高い水銀濃度のため、食べるなら月に一度程度が望ましい魚:Bluefish、Grouper、Mackerel (サバ)、チリアンシーバス、缶詰のツナ、イエローフィンツナ

そこそこの水銀濃度のため、食べるなら月に6回程度が望ましい魚:
ブラックバス、ストライプバス(スズキかな?)、Carp、Alaskan Cod(アラスカ産のタラ?)Croaker (White Pacific)、Halibut オヒョウ(Atlantic&Pacific)、Jacksmelt(Silverside)、Lobster、Mahi Mahi、Monkfish(アンコウ)、Perch (Freshwater)、Sablefish(ギンダラ)、Skate、Snapper(鯛)、Tuna (Cannedchunk light)、Tuna (Skipjack)、Weakfish (Sea Trout)

水銀の濃度が低く、好きなだけ食べてもOK!と考えられている魚:
Anchovies(鰯)、Butterfish、Catfish(なまず)、Clam(貝)、Crab (Domestic)(国産のカニ)、Crawfish/Crayfish(ザリガニ)、Croaker (Atlantic)、Flounder(カレイ)、Haddock (Atlantic)(タラの一種)、Hake(メルルーサ)、Herring(ニシン)、Mackerel (N. Atlantic, Chub)(アジ)、Mullet(ボラ)、Oyster(牡蠣)、Perch (Ocean)、Plaice(カレイの一種)、Pollock(タラの一種)、Salmon (Canned)、Salmon (Fresh)、Sardine、Scallop(ホタテ)、Shad (American)、Shrimp(海老)、Sole (Pacific)(舌平目)、Squid (Calamari)、Tilapia(ティラピア)、Trout (Freshwater)(マス?)、Whitefish、Whiting(キス)

うーん。魚の名前って英語→日本語にするのが難しいんですよね〜。

ちなみにサメなんて食べないよね〜と思っていても、サメはカマボコの材料になることが結構あるらしいですよ。

養殖の鮭は、PCBという、非常に危険な化学物質を含んでいることが多くあるらしく買わないほうが良いそうです。餌が問題なんだそう。一番多くPCBが含まれていたのが、北欧で養殖されている鮭。次が北米とチリ産だったそう。
ちなみにアメリカで売られている鮭はチリ産の養殖物が多いらしいですが、こちらのPCB濃度は天然の鮭と比べてそこまで変わるものでもなかったらしいです。

水銀をデトックスするのに役立つ食材やサプリ:
シアントロー(香草、パクチー、コリアンダー)、ニンニク(1日3片を目安に。サプリより食品でとるのが良い)、MSM(コラーゲンの生成を助けてお肌を綺麗にしてくれるサプリ。水銀のデトックスにもお役立ち)、ビタミンEとC(Cは毎食250mg-500mgを一緒にとると良い)、亜鉛、セレニウムなど。
亜鉛やセレニウムはとりすぎても駄目らしいです。

不法投棄される産業廃棄物や工場から出る汚染された煙、海から垂れ流される汚染物質…。これらは全て地球を汚染しているんだよね。地中にうめられたゴミからは、有毒ガスが排出され、また土を汚染する。空気中に漂う汚染物質は風に運ばれ上空にあがり、雨として川や海に流れ込む。そして魚は汚染され、汚染された草を食べる家畜も汚染され、汚染された土で育てられた植物も汚染される。
なんとも恐ろしい話です。

人間の欲が地球を蝕んでいるんですね。

太古の昔、人は自然と共存していた。
必要な分だけの魚をとり、穀物を育て、大地の恵みに感謝していたのに。

文明が進み、生活は楽になったけど、人間はますます欲にまみれていきました。
何だか違う…。

個人レベルで出来ることの1つでは、やっぱりオーガニック野菜を買うってことかしら。

オーガニックの野菜ってのは土壌にも優しい、作り手にも優しい、そして食べる人にも優しいんだよね。自分の体にいいからってだけで買うのではなく、地球のことを考え、そして、それを生産してくれている人をサポートして感謝の気持ちをこめて買うんだと思ったら、オーガニック野菜なんて高いし、私には関係ないねと思っている人の考えも少しは変わるのでは?
小さなことでも積もり積もれば山となるです。

banner_04.gif応援クリックお願いします♪
応援してくれる皆様ありがとう!
42位でした↓
posted by Sakura at 08:56| Comment(6) | 生活お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごーいまろさん!リサーチと訳、お疲れ様でした!お魚好きの日本人にとっては食べるのを控えるほうがいいなんて辛い話ですよね〜。環境汚染は自分で自分の首を絞めてるようなものですね。お役立ち情報ありがとうございました☆
Posted by momo at 2007年12月21日 04:51
☆momoさん☆
本当に!あと、オイルタンカー衝突で大量のオイルが海に流出!!とか、日本と近い場所にある中国からの産業廃棄物により海の汚染。おいしい日本のお魚も汚染まみれとなって食べてはいけない!!となる将来が来ないよう、1人でも多くの人の意識が変わっていけばいいのになあと思いをはせる今朝でした。
Posted by まろ at 2007年12月21日 07:54
はじめまして。OC住人です。
いつも静かに拝見させていただいていました。
本当に勉強になりました! ありがとうございます!
最近、ミツワの魚の悪さに辟易していたり、
こっちのエビで蕁麻疹を出したりで困っていたところです。
今日のブログを拝見する限り、
コスコの鮭 ミツワの鮮魚はダメそうですね。
でも、トレジョーの冷凍魚系とwhole foodsの魚は
まだ大丈夫そうですが。。。
こっちにいると新鮮な魚は貴重だし、
本当に食べられる魚が少なくて困りますね。
Posted by hokuto at 2007年12月22日 16:24
私も妊婦の時は
魚を出来るだけ避けてました。
でも、まろさんリサーチから
あじや舌平目など、自分が好きな魚は
結構いけることに気付き驚き!

それにしても
本来なら感謝して食べるべき魚を汚し
自分の首を絞めている私たち人間。
栄養素が詰まった魚を食べて
私たちの祖先は長寿国を築いてきたのに。。
食べられる魚がこれ以上制限されることのないよう
自分に出来るエコ、
改めて貫いていこうと思いました☆
Posted by yuki at 2007年12月22日 16:46
☆hokutoさん☆
本当に、こっちにいるとただでさえ、魚の種類が少なくて困るのに、ますます食べれなくなりそうで困りますよね。そーいえばこないだテレビのニュースで魚の生産地がわからないものは買わないほうが良い!と誰かが言ってました。
Posted by まろ at 2007年12月23日 05:02
☆Yukiさん☆
ニュースとかで、日本の海の底でも異変が起きているという特集を見るたび胸が痛みます。珊瑚が死に絶えて、魚も含め生物がまったくいなくなってしまい、死の海になってしまっている場所が増えているそうです。
生活廃水は海を汚すので、少しでも多くの家庭が水にすむ生物に安全なナチュラル仕様の洗剤などに変えていったらいいのになあと思います。国単位で地球に住む人たちが変わっていかないと将来は暗いですよね!
Posted by まろ at 2007年12月23日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。